トップ > 現在の活動状況 > 山梨県

山梨県

地域力創造にかかわる団体の現在の活動状況を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2019年3月14日|甲斐市農業活性化事業

活動の様子
甲斐市の農業活性化協議会では、耕作放棄地の解消と魅力ある農業の発信を目的に「モンドセレクション2018」において金賞を受賞した芋焼酎「大弐」の原材料のサツマイモ(黄金千貫)の栽培を行っている。

[山梨県 甲斐市 建設産業部農林振興課]

2018年3月23日|甲斐市版ネウボラ推進事業

活動の様子
健康増進課内に設置した「甲斐市子育て世代包括支援センター」を拠点に、医療機関、保健所、 保育園、幼稚園、小中学校、住民組織など関係機関が連携を強化し、妊娠・出産・子育て期の切れ目ない支援を展開し、安心して子育てができる環境整備を構築していくための取組み。包括的連携協定を締結した国立大学法人山梨大学の..

[山梨県 甲斐市 子育て健康部 健康増進課]

2017年3月24日|大月市定住促進助成事業

活動の様子
 大月市は、森林が87%を占め、急峻な地形のため、可住地域が狭く、駅周辺の利便性の良い地区は、地価や家賃が高く、新たに居住する場合、比較的地価や家賃の安い他市等へ流失しています。
 そのような中、平成28年2月に策定した「大月市まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、①「今住んでいる市内の人々がその..

[山梨県大月市 総務部 企画財政課 地域活性化担当:堀内 宏樹]

2017年3月24日|NPO法人への委託による子育て支援センター運営事業

活動の様子
 子育て支援が重点施策となってきている昨今、そのノウハウを持つNPO法人へ、地域子育て支援の拠点となる子育て支援センターの運営を委託することにより、単なる遊び場としての機能だけでなく、交流・相談などの事業の展開の中から、子育て支援のコミュニティの輪が拡がり始めている。

[山梨県韮崎市:企画財政課人口対策担当 歌田篤]

2017年3月24日|「移住世帯定住のための仕事とコミュニティづくり(クラウドソーシング導入・地域コミュニティ形成)」事業

活動の様子
 子育て中の移住世帯の仕事づくりに、いつでもどこでもインターネットとパソコンがあれば仕事ができる「クラウドソーシング」を導入した。
 クラウドソーシングで収入を上げるためにはスキルアップが必要となるが、そのためにクラウドソーシングとしては日本初のオンライン講座での学習を行っている。
 同時に移住者の地域..

[山梨県小菅村 総務課:森弘行]