トップ > 現在の活動状況 > 栃木県

栃木県

地域力創造にかかわる団体の現在の活動状況を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2019年3月14日|土祭(ヒジサイ)

活動の様子
町内各所に現代アート作品を展示することにより、来場者にとって益子の再確認・新発見に繋がっている。2009年から3年に1度の開催となっており、土祭をきっかけにカフェや雑貨店が開業、会場が拡大されることで運営に参加した町民の意識も変化してきている。

[栃木県 益子町 産業建設部 観光商工課]

2019年3月14日|かみのかわブランド認定制度

活動の様子
町には優れた農産物や加工品等の様々な資源があるものの、町として十分には活用できていない。そこで、様々な優れた資源をブランド品として認定し活用していくことで、知名度の向上や経済活性化等、様々な効果を狙うものである。

[栃木県 上三川町 産業振興課]

2019年3月14日|地域の"芽"をパパの"目"で育てる「佐野パパプロジェクト」

活動の様子
市民の手によって産業の芽としての「佐野黒から揚げ」を商品化するまでに至ったことが、新たな地域産品等の発掘から開発、その育成からビジネス自走のためのモデルを作り、継続的に地域活性化するためのフレームとなったこと。

[栃木県 佐野市 総合政策部都市ブランド推進室]

2019年3月14日|渡良瀬遊水地フェスティバル開催事業

活動の様子
渡良瀬遊水地で日常的に親しまれているスカイスポーツ・ウォータースポーツ等を一堂に会し体験や展示を行っている。また、ロードバイクのタイムトライアルレースを同時開催し、これに伴い子ども向け自転車体験を実施している。そのほか遊水地と栃木市のPRを実施している。

[栃木県 栃木市 総合政策部 遊水地課]

2018年3月23日|栃木市空き家バンク事業「あったか住まいるバンク」

活動の様子
栃木市では、空き家の有効活用を促進するため、平成26年1月1日より栃木市空き家バンク制度「あったか住まいるバンク」を創設。
制度開始から4年が経過したが、これまでに210件の空き家等が登録され、うち115件が成約となった。空き家有効活用の結果7億4500万円の経済効果があった。

[栃木県 栃木市 都市整備部住宅課]