トップ > 現在の活動状況 > 大阪府 > 堺市 > 「さかい利晶の杜」を活用した茶の湯体験事業

更新日:2017327

「さかい利晶の杜」を活用した茶の湯体験事業

施設全景
地域 大阪府堺市
実施主催 堺市立歴文化にぎわいプラザ呈茶会、堺市 堺市立歴史文化にぎわいプラザ運営グループ(指定管理者)
分野 観光振興・交流/優良地域活性化施策

概要

 千利休の生誕の地である堺から「茶の湯文化」を世界に発信するため、地元の茶道三千家支部による呈茶会を組織し、輪番制で茶の湯体験事業(立礼呈茶・お点前体験)を実施している。これにより観光客が地域の茶道関係者との交流を深めるなど、文化観光振興に寄与している。

内容

【取組に至る背景・目的】
 堺市では、千利休と「茶の湯文化」等による文化観光振興を図るため、平成27年3月に「千利休茶の湯館」や「茶の湯体験施設」などで構成する「さかい利晶の杜」を開設した。この施設には、本格的な茶室や千利休が作った茶室で唯一現存する茶室である国宝「待庵」の復元茶室等も設けるなど、千利休生誕の地である堺から「茶の湯文化」を世界に向けて発信することを目的としている。

【取組の具体的内容】
 「茶の湯体験施設」において、観光客が気軽にお茶を楽しめる立礼呈茶を実施するとともに、地元三千家の先生方の指導の下、実際に自分で茶筅を振ってお茶を点て、礼儀作法などを学ぶことができるお点前体験を実施し、観光客が地域の茶道関係者や同じく気軽にお茶を楽しんでいる市民との交流を深めている。

    



【施策の開始前に想定した効果、数値目標など】
 この施策により、茶の湯が大成された堺の歴史文化等の都市魅力の発信や、周辺地域への観光周遊促進による経済波及効果の創出、そして観光客が地域住民との交流を楽しめることが効果として想定される。

【現在までの実績・成果】
 平成26年度:茶の湯体験者数 1,995人(立礼呈茶 1,944人、お点前体験 51人)※3月20日~31日
 平成27年度:茶の湯体験者数 48,086人(立礼呈茶 42,676人、お点前体験 5,410人)
 平成28年度:茶の湯体験者数 17,979人(立礼呈茶 15,242人、お点前体験 2,737人)
 (総入館者 651,335人、有料入館者 198,640人)※平成28年9月30日現在

【活動導入・実施にあたり工夫した点や苦労した点とその対処法・解決策など】
 茶の湯体験事業の実施にあたり、「さかい利晶の杜」の整備計画段階から、茶道三千家の本部に協力を求め、実際に使用しやすい茶室や水屋の整備を行った。また、千利休生誕の地である堺であるからこそ、京都ではそれぞれ独自に活動している茶道三千家が連携して、茶の湯体験事業ができる実施体制を確立した。堺市が事務局になり、「呈茶会」を組織して、協力関係を構築していることがこれらの実現に繋がったものと考えられる。

【今後の課題と展開】
 今後、茶道関係者だけでなく、陶芸や花道等の文化関係団体との連携を図り、更なる「茶の湯文化」の普及と振興を図っていく。また、外国人旅行者にも分かりやすい茶の湯体験の実施や小中学生の体験学習としての利用促進を図っていく。

【事業期間】
 平成26年度から

【事業予算】
 総事業費:212,000千円(平成28年度指定管理料)
 財源内訳:一般財源のみ

【団体情報】
 人 口:833,168人(平成28年1月1日現在)
 標準財政規模:728,062百万円(平成28年度当初予算額)
 担当部課名:文化観光局 観光部 観光推進課

出典

リンク(URL)等

http://www.sakai-rishonomori.com

リノベーション情報

問合せ先

大阪府堺市 文化観光局 観光部 観光推進課:重松
住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号
電話:直通 072-228-7493