トップ > 現在の活動状況 > 三重県

三重県

地域力創造にかかわる団体の現在の活動状況を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2019年3月14日|移住・交流推進事業

活動の様子
伊賀市は、平成28年度から「移住・交流」を重点施策と位置付け、県内初となる専門部署を設置して取組を始めた。主な事業としては、移住コンシェルジュによる総合的な相談窓口、大都市圏などでの移住相談会、伊賀市の魅力を体験する移住セミナー、伊賀市へ移住された人を対象とした交流会などを開催している。

[三重県伊賀市 企画振興部地域づくり推進課]

2019年3月14日|移住・定住促進事業

活動の様子
人口減少、少子高齢化の状況が深刻化する本市において、地域の存続に危機感を抱く町内会・団体と市が連携し、離島ならではの子育て環境や昭和レトロな街並みでの地域密着型ビジネス、海女の自立した女性としての生き方など、都市部からの移住希望者が希望するライフスタイルや移住後の目標や夢の実現と掛け合わせたまちづく..

[三重県鳥羽市 企画財政課移住・定住係]

2019年3月14日|中小企業ハンズオン支援事業

活動の様子
公開審査により選ばれた市内中小企業1社を集中的に支援することで、企業経営力の向上が図れることから、結果として、地域経済を牽引していけるような企業に成長できることが期待でき、ものづくりの活性化など地域経済の活性化につながる。

[三重県松阪市 産業文化部企業誘致連携課]

2018年3月23日|熊野市乗合タクシー

活動の様子
熊野市は行政区域が373㎢もの広範囲にもかかわらず、乗合タクシーの公共交通機関の整備により一部地域でNPO法人が運行している公共交通空白地有償運送を含めると誰もが自宅から移動できる手段が確保されている。

[三重県 熊野市 市長公室]

2017年3月24日|提案型公民連携事業

活動の様子
 多様化する市民ニーズ、厳しい財政状況等、山積する課題に対応するため『公民連携』の手法を活用して市民サービスの向上、歳出の削減・歳入の確保に取り組んでいる。

[三重県桑名市 政策経営課 水谷雅信]