トップ > 現在の活動状況 > 京都府

京都府

地域力創造にかかわる団体の現在の活動状況を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2019年3月14日|早朝開城等,開城時間の延長

活動の様子
近年,国内外からの観光客の京都市内への流入は増加している。
朝や,夕刻に観光するスポットがないという声も多く,世界遺産・二条城が,開城時間を延長することで,そういった観光客のニーズに応えるとともに,早朝や夕刻に観光客が流動することで,経済効果が生まれる。

また,日中の時間を避けて,ご来城いただくことで,..

[京都府京都市 元離宮二条城事務所]

2019年3月14日|待機児童対策事業

活動の様子
本市においては、保育ニーズの高まりを受け、平成20年代前半には、多くの待機児童が発生する状況が続いていたが、待機児童対策に係る様々な取組の結果、平成26年度当初に国基準における待機児童ゼロを達成し、以後5年連続で待機児童ゼロを達成している。

[京都府京都市 子ども若者はぐくみ局 幼保総合支援室]

2018年3月23日|Chazz in 石清水八幡宮

活動の様子
 本市の豊かな歴史文化と自然を十分に活用しながら、観光客の本物志向、知的好奇心を満足させられるよう、国宝石清水八幡宮を舞台に、「歴史・文化」に関心を持つ層と親和性の高いジャズ文化と、「茶文化のもてなし」を融合させたイベントを行ったものです。

[京都府 八幡市 政策推進部政策推進課]

2018年3月23日|京都で一番早くさくらが咲く町プロジェクト~いやしの里~いでの花回廊

活動の様子
 少子高齢化が進み人口減少が大きな懸案となっているが、町内のまちづくり団体がそれぞれの立場から様々な活動を展開するなど、徐々に交流人口の拡大に繋がっている。しかしながら、まちづくり協議会の拠点であるまちづくりセンター椿坂の利用者数は鈍化しているのが現状であり、現在は加盟団体による独自の事業を実施し、..

[京都府 井手町 井手町地域創生推進室]

2018年3月23日|待機児童対策事業

活動の様子
本市においては、保育ニーズの高まりを受け、平成20年代前半には、多くの待機児童が発生する状況が続いていたが、待機児童対策に係る様々な取組の結果、平成26年度当初に国基準で待機児童ゼロを達成し、以後4年連続の待機児童ゼロ(29年度については新基準でのゼロ)を達成している。

[京都府 京都府 子ども若者はぐくみ局 幼保総合支援室]