トップ > 現在の活動状況 > 鹿児島県

鹿児島県

地域力創造にかかわる団体の現在の活動状況を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2019年3月14日|「陸上競技の聖地」実現プロジェクト

活動の様子
鹿児島県が整備を進める陸上競技トレーニング施設(2019年4月供用開始)の設置効果を高め、スポーツ合宿者をはじめとする交流人口の増加、地域経済の活性化、さらには雇用の拡大を図るため、陸上競技に特化した理想の練習環境と受入体制の整備を推進しており、現時点(2018年11月時点)において県施設の供用開始..

[鹿児島県大崎町 企画調整課]

2018年3月23日|「サーフアイランド種子島」確立対策事業

活動の様子
 種子島はサーフィンに適した波と太平洋・東シナ海の両側にサーフポイントを有する島として、全国的にサーファーに認知されている。
 サーフアイランド種子島をより一層全国に浸透させ交流人口拡大・地域活性化を図る。

[鹿児島県 中種子町 企画課]

2018年3月23日|薩摩川内市竹バイオマス産業都市構想推進事業

活動の様子
 薩摩川内市及び鹿児島県の地域資源であり、同時に放置竹林という問題も併せ持っている「竹」について、地方創生の具体的事業として、既存の収集・処理システムを再構築し、エネルギーの利用の地域システムの確立を目指すとともに、新たな産業・生活資材等への展開を図っている。

[鹿児島県 薩摩川内市 商工観光部 次世代エネルギー課]

2017年3月24日|観光を地域と繋ぐ空き家再生プロジェクト

活動の様子
 観光客は数えるほどしかいなかった南九州市頴娃町において,地域住民や民間企業が中心となって取り組んだ観光を起点としたまちおこし活動が,商店主、農家、大学、行政など多様な主体を巻き込み,大幅な観光客・移住者の増加や4件の空き家再生活動へとつながった。
 現在,再生空き家を活用したワークショップや民宿業へ..

[鹿児島県南九州市 企画課:加藤 潤(観光プロジェクトリーダー)]