トップ > 現在の活動状況 > 兵庫県 > 丹波市 > 丹波市住まいるバンク

更新日:2019314

丹波市住まいるバンク

地域 兵庫県丹波市
実施主催 兵庫県丹波市 建設部 住まいづくり課
分野 定住促進/優良地域活性化施策

概要

・丹波市住まいるバンクを利用して空き家等を取得しようとする者に対して、契約前に空き家等がある地域の自治会とマッチングを行っている。
・丹波市住まいるバンクに附随して売却する農地について、下限面積を1アールまで緩和(その他条件有)している。

内容

【取組に至る背景・目的】

丹波市内に存在する空き家等を地域資源と捉え有効に活用し、移住定住の促進と地域の活性化を図る。


【取組の具体的内容】

丹波市内の空き家等を“売りたい、貸したい”方の物件情報と不動産業者が提供する物件情報を、「丹波市移住定住ガイド~Turn Wave~」サイトで公開し、“買いたい、借りたい”移住定住希望者や住み替え希望者に情報提供や地域等とマッチングさせ橋渡しをする。



【施策の開始前に想定した効果、数値目標など】

40件(H32目標値)→90件(H37目標値)



【現在までの実績・成果】

①物件登録数(H30.10月末)

・年度        27      28      29      30
・市     12      34      32      11
・民間      124    126     127     123
※市物件は、各年度新規登録件数、民間物件は、各年度末及び現時点の掲載数を示す。


②利用者登録数(H30.10月末)

・年度      27    28    29    30
・世帯      28     78    79    54


③成約数(H30.10月末)

・年度      27    28    29    30
・市      3      6    13    11
・民間       0    19    17    14
・計          3    25      30    25



【導入・実施にあたり工夫した点や苦労した点とその対処法・解決策など】

住まいるバンク制度についての周知に苦労した。

利用者については移住相談窓口と連携しPRを実施。物件所有者については地域イベントなどに出店し、近所で空き家があり、売却を検討されている方があれば担当課まで繋いでいただくように依頼するなど地域の方へのPRを行った。



【今後の課題と展開】

物件登録の促進



【事業期間】

平成27年度から


【事業予算】

総事業費:51,146千円(H27決算2,101千円、H28決算10,171千円、H29決算12,502千円、H30予算26,372千円)
財源内訳:200千円(国県支出金)、一般財源50,946千円


【団体情報】

人 口:65,359人
標準財政規模:21,295百万円
担当部課名:建設部 住まいづくり課

出典

リンク(URL)等

https://teiju.info/smilebank/
http://www.city.tamba.lg.jp/soshiki/sumai/smilebank.html
丹波市住まいるバンクPDFファイル

リノベーション情報

問合せ先

兵庫県丹波市 建設部 住まいづくり課
住所:〒669-3692 兵庫県丹波市氷上町成松字甲賀1番地
電話:0795-88-5039