トップ > 現在の活動状況 > 兵庫県 > 神戸市 > 移住促進に向けた都市プロモーション

更新日:2017324

移住促進に向けた都市プロモーション

LIVE LOVE KOBE
地域 兵庫県神戸市
実施主催 神戸市
分野 定住促進/優良地域活性化施策

概要

 若者の転入を増やし、東京圏への転出超過を解消するため、神戸にお試しで暮らしていただく体験事業や、暮らしの魅力を発信するWEBサイトの開設、首都圏での移住相談イベントの開催等を行ない、移住促進に向けた都市プロモーションを展開している。

内容

【取組に至る背景・目的】
 平成27年度に策定した「神戸2020ビジョン」における全体目標の一つである「若者の神戸市への転入を増やし、東京圏への転出超過2,500人を解消」の達成に向けた施策の一つとして、移住促進に向けた都市プロモーションに取り組んでいる。

【取組の具体的内容】
 (1)暮らし体験事業『LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ・神戸)』(H27年度~)
   平成27年度に設置したプロジェクトチームの中で、「神戸の強みは住みやすさであり、暮らしてみるとその良さが分か
  る」といった意見が多く出されたことを受けて企画した事業である。
   神戸への移住を検討している兵庫県外在住の方を対象に、市が用意した物件に3泊~2週間滞在でき、併せて滞在中に
  地元の方が案内するツアーに参加していただき、観光とは違った視点で神戸の暮らしの魅力を実感してもらう。
   マスメディアにも多く取り上げられ、「神戸市も移住促進に力を入れていく」ということを認知していただけるきっか
  けになっている。

 (2)WEBサイト『KOBE live+work(神戸 リブ・アンド・ワーク)』(H28.3開設)
   神戸に移住した方へのインタビューや生活エリアごとの特色を紹介したコラム、行政施策情報、動画などを通じて、継
  続的に神戸の暮らしの魅力を発信している。
   SNSでの拡散も行い、市内外の多くの方に閲覧いただいている。
   http://kobeliveandwork.org/

 神戸 リブ・アンド・ワーク  


 (3)首都圏での移住相談イベントの開催(H28年度)
   神戸の居住地としての魅力を体感できる参加型のイベント(トークセッション等)を東京で開催した。

 移住相談イベントの開催


 (4)「神戸里山暮らし」の推進(H27年度~)
   専用WEBサイトの開設や、相談窓口となる「農村定住促進コーディネーター」の設置、農村地域を対象とした「神戸・
  里山暮らし空家バンク」の開設等を通じて、都会の便利さと農村の心地よさを兼ね備える
   「神戸ならではの里山暮らし」を推進し、農村地域に新たな人を呼び込み、地域を維持・活性化していく。
   http://kobe-satoyama.jp/

 「神戸里山暮らし」の推進


【現在までの実績・成果】
 (1)暮らし体験事業『LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ・神戸)』
   平成27年度(H27.12.15~H28.2.27)
   応募件数:1,119件
   参加者数:42人(27組)
   平成28年度(H28.8.20~H28.11.27)※以下はH28.11.18現在の予定
   応募件数:268件
   参加者数:38人(32組)

 (2)WEBサイト『KOBE live+work(神戸 リブ・アンド・ワーク)』閲覧状況
   訪問数:37,299件(H28.3.9~H28.11.17)
   ページ閲覧総数:81,707件(H28.3.9~H28.11.17)
   Facebook「いいね」数:3,240件(H28.11.18現在)

 (3)首都圏での移住相談イベントの開催
   H28.7.30 トークイベント「東京MEET UP」
   場所:東京・芝浦ハウス(東京都港区芝浦3-15-4)
   当日参加者:32名

 (4)「神戸里山暮らし」の推進
   農村定住促進コーディネーターへの相談件数:287件(平成27年7月~平成28年8月)
   コーディネーターが関与した移住件数:5件

【導入・実施にあたり工夫した点や苦労した点とその対処法・解決策など】
 暮らし体験事業『LIVE LOVE KOBE(リブ・ラブ・神戸)』では、本来の居住・生活環境に近づいたものとなるように、ホテル等ではなく、一般の物件に宿泊する形態にした。また、地元の方が案内するツアーも体験いただくことで、参加者単独では発見できないような神戸の魅力を伝えることができるようにした。 
 WEBサイト『KOBE live+work(神戸 リブ・アンド・ワーク)』では、記事を継続的に公開していくことで、飽きさせない仕組みを作るとともに、SNS(フェイスブック、インスタグラム)との連動により、本サイトの利用者拡大を図っている。

【今後の課題と展開】
 今後も、移住の促進に向けた神戸市ならではの効果的なプロモーションを推進していく。

【事業期間】
 平成27年度から

【事業予算】
 総事業費:13,700 千円(H28年度)
 財源内訳:一般財源

【団体情報】
 人 口:1,537,481人
 標準財政規模:384,449百万円
 担当部課名:企画調整局政策企画部調整課

出典

リンク(URL)等

http://kobeliveandwork.org/

リノベーション情報

問合せ先

兵庫県神戸市 企画調整局政策企画部調整課:宮川
住所:〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1
電話:直通 078-322-6967