トップ > 過去の活動事例 > 和歌山県

和歌山県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年3月23日|湯浅町田舎暮らし応援空き家バンク制度

活動の様子
 湯浅町、和歌山県宅地建物取引協会、まちおこし連絡協議会の3団体で協定を締結し、空き家物件の掲載及び移住・交流促進、商業店舗への活用により空き家解消へ向けた施策である。

[定住促進]

2016年3月23日|子育てママ再就職支援事業(ママカレッジ&ママジョブ応援ナビ)

活動の様子
◆「ママカレッジ」事業:正社員、パート、サロネーゼ等様々な母親ロールモデルがそれぞれの働き方を紹介することで、子育て中の母親
 達に正社員復帰にとらわれることのない多様な社会復帰イメージを提示する点に特徴がある。

◆「ママジョブ応援ナビ」事業:求人情報提供端末の設置場所に特徴があると考える。子育て中の母..

[少子化対策]

2015年12月8日|平成26年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 和歌山県和歌山市(第1回目実施報告)

活動の様子
【実施年月日】平成26年11月17日(月)
【アドバイザー氏名】 大友 詔雄 氏(株式会社NERC代表取締役センター長)
【議題・テーマ】「和歌山市における自然エネルギー活用策等の検討について」

[地域力創造アドバイザー派遣]

2015年3月27日|平成25年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 和歌山県湯浅町(第1回目実施報告)

活動の様子
実施月日:2013年11月7日(木) アドバイザー氏名:花岡邦明 氏(NPOじゃばらむら事務局長) 議題・テーマ:「湯浅ブランドを確立」するための仕掛けについて、具体的な方策の検討 参加者:湯浅町副町長、湯浅町産業観光課2名、湯浅町商工会事務局長

[地場産品発掘・ブランド化]

2015年3月27日|平成25年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 和歌山県湯浅町(第3回目実施報告)

活動の様子
実施月日:2014年1月24日(金) アドバイザー氏名:杉本淳(株式会社えんかい)、花岡邦明(NPOじゃばらむら事務局長) 議題:湯浅ブランドを確立するための仕掛けについて、具体的な方策の検討 参加者:湯浅町長、湯浅町副町長、湯浅町産業観光課2名、湯浅町まちづくり企画課1名 

[地域力創造アドバイザー派遣]