トップ > 過去の活動事例 > 鳥取県

鳥取県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2017年2月10日|「平成28年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 米子市(第1回目実施報告)」

活動の様子
地域エネルギー会社の地域経済波及効果

期       日;平成28年11月20日(日)~11月21日(月)
アドバイザー名;立命館大学 経営学部 教授 ラウパッハ・スミヤ・ヨーク氏
           株式会社E-konzal 研究員 小川裕貴 氏


[地域経営改革/産業振興/地域力創造アドバイザー派遣]

2016年3月23日|集落活性化モデル事業

活動の様子
 伯耆町では、町が協力して公立鳥取環境大学と県とが開発した「とっとり集落創造シート」を活用し、住民が主体となり集落の課題を共有した上で、集落の現状と将来の姿を皆で共有した『集落活性化計画書』を作成し、集落の資源を活用した取組が行われている。
 ※とっとり集落創造シートとは、集落の話し合いの場を促進する..

[コミュニティ/域学連携]

2015年3月20日|住民自治組織育成支援事業

活動の様子
地縁型コミュニティ(①集落、②旧小学校区を範囲)、とテーマ型コミュニティ(③各分野ごと)の取り組みを柱とし、地域力の維持・向上を進める。

[安心・安全なまちづくり/産業振興/コミュニティ/地域おこし協力隊/集落支援員/過疎対策/優良地域活性化施策]

2015年3月20日|八頭町地域おこし協力隊コーディネート事業

活動の様子
協力隊の事業進捗に関して、外部アドバイザーをいれている。これには3つの利点がある。
(1)第三者の視点で事業進捗を確認できる。
(2)行政予算以外の予算獲得について具体的に相談できる
(3)先進的情報を効率的に収集できる

[地域おこし協力隊/優良地域活性化施策]

2015年3月20日|中山間地域ふるさと体験活動支援事業

活動の様子
市町村合併によるスケールメリットを活かし、児童に自然・文化・伝統等、農山村の暮らしを体験する機会を提供している。児童と地域の交流を通じて新市への誇りの醸成や新たな農家民泊の開設など山間・過疎地域におけるグリーンツーリズムの拡大展開に繋がっている。

[観光振興・交流/域学連携/過疎対策/優良地域活性化施策]