トップ > 過去の活動事例 > 徳島県

徳島県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年3月24日|つるぎ町コミュニティーバス運行事業

活動の様子
 本町のコミュニティーバスは、地域の公共交通を担うと同時に、10人乗りの車両を用いて運行しているため、コンパクトな車内はコミュニケーションの場としても活用されており、地元高齢者のいきがい対策にもつながっている。

[安心・安全なまちづくり/コミュニティ/過疎対策]

2016年3月24日|徳島市エコステーション事業

活動の様子
 「いつでも気軽にリサイクル」をキーワードに、常設の資源物回収施設を整備することで、多様な資源物の回収ルートを確保し、市民の利便性向上を図るとともに、循環型社会の構築やごみの減量・再資源化を推進する。

[環境保全]

2016年1月12日|平成26年度地域資源・事業化支援アドバイザー活用事例(徳島県)

活動の様子
【実施年月日】:平成26年11月26日(水) 
【アドバイザー氏名】:勝瀬 典雄氏(兵庫県立大学大学院客員教授)
【議題・テーマ】:徳島県の次期ブランド戦略について

[地域力創造アドバイザー派遣]

2015年4月4日|循環型社会にむけた「クラフトビールの量り売り」を活用した地域経済の好循環実現

活動の様子
 徳島県は今、もっとも発展してる徳島市においても人口減少状態にあり、地域のブランド化を早急に行い、同時に地場産業の創造が課題である。また、上勝町においても、高い山と深い谷に囲まれた小さな町で、平成25年3月31日現在では1866人、65歳以上の高齢者比率は49.3%となっており、過疎化と高齢化が同時..

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/産業振興/過疎対策/地域経済循環創造事業交付金]

2015年4月4日|中山間地域における薬用植物の生産振興による地域経済循環

活動の様子
 三好地域は高齢化、過疎化が進む典型的な中山間地域である。
この事業を契機に地元農家が換金性の高いドクダミを栽培し、生薬会社が買い取り、特に付加価値の高い健康茶製品を中心に製造・販売する。
 事業効果として、地域に根ざした生薬会社と県西部地域の農家が連携することで、農家にとって新たな換金作物のドクダミ栽..

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/産業振興/地域経済循環創造事業交付金]