トップ > 過去の活動事例 > 長崎県

長崎県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年3月20日|島原発!島原の生薬による島原生薬本舗事業

活動の様子
 島原産の薬草および薬効があるといわれている野菜や果実類を活用し、「美膳薬膳」の製造販売、健康補助食品の開発・製造・販売などの展開により島原発の漢方を市場に認知していくとともに、産業としての自立を目指す。あわせて、耕作放棄地の活用、雇用の創出につなげる。

[地域経済循環創造事業交付金]

2016年3月18日|平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 長崎県壱岐市(第2回目実施報告)

活動の様子
実施年月日
 平成28年2月12日~2月14日
アドバイザー氏名
 青木デザイン研究所代表 青木 信之
議題・テーマ
 壱岐市の水産業の回復と発展を目指す
 マグロ等の水産物を使った地域活性化の実現を目指す
 マグロ資源の回復と持続可能な漁業の確立を目指す

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/地域力創造アドバイザー派遣/その他]

2015年3月27日|平成25年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 長崎県長崎市(第4回目実施報告)

活動の様子
実施日:2014年2月13日(木)~14日(金)
アドバイザー氏名:青木 信之 氏(青木デザイン研究所 代表)
テーマ:「旬の魚でおもてなし事業」について販路開拓部会との意見交換会
参加者:販路開拓部会(ながさきの「食」関係団体で組織された部会)3名、長崎地域雇用創造協議会職員1名、長崎市商業振興課職員1..

[地域力創造アドバイザー派遣]

2015年3月20日|鳥獣害にかかる狩猟肉の利活用を推進するための生産・流通体制の構築

活動の様子
地域経済循環創造事業交付金を活用し、鳥獣害にかかる狩猟肉の利活用を推進するための生産・流通体制の構築を図る。

[地域経済循環創造事業交付金]

2015年2月27日|壱岐産マグロ等を使った地域活性化

活動の様子
【実施月日】平成27年2月5日(木)~7日(土)
【アドバイザー氏名】青木デザイン研究所 代表 青木信之 氏
【テーマ】観光客をターゲットにした旬の食材を使った弁当や加工品等の開発

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/産業振興]