トップ > 過去の活動事例 > 長野県

長野県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年3月22日|「SUWAブランド創出」クリエイティブネットワーク事業

活動の様子
 SUWAブランドの発信拠点として「SUWAプレミアムショップ」を活用しながらクリエイティブなネットワークを形成し、ものづくりの力に新しいデザインやサービスなどの付加価値を付け、魅力を伝えやすくすることにより、参画企業の販路拡大・処遇改善を図る。

[地場産品発掘・ブランド化/産業振興]

2016年3月22日|食品ロス削減事業~残さず食べよう!30・10運動~

活動の様子
 「残さず食べよう!30・10運動」がオリジナルな取組みであることから、宿泊を含む視察の受入れもあり、温泉街等への誘客につながっている。また、運動自体も大学や飲食店など地域の協力を大きく得ている。

[環境保全]

2016年3月22日|電気自動車利用者に対するインセンティブ事業

活動の様子
 電気自動車で来訪した方に以下6施設の共通無料入館券を配布し、さらに各施設につき先着20名には、特典として施設オリジナルグッズを進呈する事業である。
①重要文化財 旧三笠ホテル ②(旧)軽井沢駅舎記念館 ③歴史民俗資料館 ④市村記念館 ⑤追分宿郷土館 ⑥堀辰雄文学記念館

[環境保全]

2016年1月12日|信州山形村産山葡萄ワインの地域ブランド化による地域経済循環効果創出事業

活動の様子
山形村は、長野県中部の松本盆地に位置し、標高約700mの冷涼で寒暖差大きい気候を活かした農業地帯です。また、長野県では「信州ワインバレー構想」を策定し、長野県の変化に富んだ地理条件から、それぞれの風土が育む高品質なブドウを原料に長野県内で醸造されたワインを「NAGANO WINE」としてその魅力を発..

[地場産品発掘・ブランド化]

2015年3月18日|ダッタンそば食材提供施設建設補助事業

活動の様子
旧町村時代から遊休荒廃農地の有効活用、また地域の活性化の一躍を担える新規作物の研究が行われていた。「ダッタンそば」はその新規作物の中の1つで、北海道から取り寄せた種子を播種したところ、「栄養価はそのままで苦みが殆どない」という他の地域にはない特色あるダッタンそばであることが判明した。
平成17年、高齢..

[地域経営改革/地場産品発掘・ブランド化/企業化支援/産業振興/優良地域活性化施策]