トップ > 過去の活動事例 > 宮崎県 > 平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 宮崎県(第1回目実施報告)

更新日:2016327

平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 宮崎県(第1回目実施報告)

日付 2016年01月12日~2016年01月13日 
地域 宮崎県高千穂町
実施主催 宮崎県、高千穂郷・椎葉山世界農業遺産推進協議会
分野 地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/環境保全/産業振興/コミュニティ/地域力創造アドバイザー派遣

概要

【実施年月日】
 平成28年1月12日(火)~1月13日(水)
【アドバイザー氏名】
 大和田 順子氏(一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)
【議題・テーマ】
 高千穂郷・椎葉山地域 世界農業遺産認定を契機とした地域活性化策の検討

内容

 険しい山々に囲まれた宮崎県の高千穂郷・椎葉山地域(高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町、諸塚村、椎葉村)は、厳しい環境下で森林からの恵みを巧みに活用した複合的な農林業システムを築き上げ、その源である森林を大切に保全管理してきた。
 その取組が評価され、平成27年12月に国連食糧農業機関(FAO)から世界農業遺産に認定された。 
今後は、世界農業遺産の認定を活用して、地域の農林業の魅力を世界にアピールし、地域活性化に繋げることが必要であり、平成27年10月~12月にかけて実施した各町村でのワークショップででた意見を元に、来年度以降どのような取組を行っていくか、アドバイザーより助言をいただきながら話し合いを行った。
 今後も、県および5町村と来年度以降の具体的な取組について話し合いを行い、来年度の計画を立てることとしている。

 

出典

リンク(URL)等

リノベーション情報

問合せ先

宮崎県 農政水産部 農村計画課
住所:宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号
電話:0985-26-7125