トップ > 過去の活動事例 > 宮崎県

宮崎県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年4月18日|平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 宮崎県(第3回目実施報告)

活動の様子
【実施年月日】
 平成28年2月1日(月)~2月2日(火)
【アドバイザー氏名】
 大和田 順子氏(一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)
【議題・テーマ】
 高千穂郷・椎葉山地域 世界農業遺産認定を契機とした日之影町の地域活性化策の検討

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/環境保全/産業振興/コミュニティ/地域力創造アドバイザー派遣]

2016年4月18日|平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 宮崎県(第2回目実施報告)

活動の様子
【実施年月日】
 平成28年1月25日(月)
【アドバイザー氏名】
 大和田 順子氏(一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)
【議題・テーマ】
 高千穂郷・椎葉山地域 世界農業遺産認定を契機とした椎葉村の地域活性化策の検討

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/環境保全/産業振興/コミュニティ/地域力創造アドバイザー派遣]

2016年3月27日|平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 宮崎県(第1回目実施報告)

活動の様子
【実施年月日】
 平成28年1月12日(火)~1月13日(水)
【アドバイザー氏名】
 大和田 順子氏(一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)
【議題・テーマ】
 高千穂郷・椎葉山地域 世界農業遺産認定を契機とした地域活性化策の検討

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/環境保全/産業振興/コミュニティ/地域力創造アドバイザー派遣]

2016年3月22日|放課後児童クラブ事業

活動の様子
 県外から移住してきた北原氏の子供が小学校へ入学する際に、放課後子供を預ける施設が近所にないことがきっかけで放課後児童クラブを始めた。本町の狭野地区に放課後児童クラブを設立したことにより、子育て世代の町外への流出の抑制や、当地区への定住促進の効果が期待されている。

[定住促進/地域おこし協力隊/過疎対策]

2015年3月31日|宮崎県内産農産物を活用した新たなチルドドレッシングの開発・製造等による地域経済循環創造事業

活動の様子
 県内産農産物の規格外品や冷凍野菜への加工工程で発生する端材等を活用し、それらの素材の風味を生かすため、非加熱製造方法を用いた新たなチルドドレッシングの開発・製造・販売を行う。これにより、県内産農産物の高付加価値化を実現し、農業産業をはじめとする地場産業の活性化を図る。

[地場産品発掘・ブランド化/産業振興/地域経済循環創造事業交付金]