トップ > 過去の活動事例 > 北海道

北海道

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2017年5月8日|平成28年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 北海道羽幌町(第3回目実施報告)

活動の様子
【実施月日】平成29年2月23日~24日
【アドバイザー氏名】大久保 昌宏氏
【議題・テーマ】観光施設の魅力化の検討ほか

[観光振興・交流/地域力創造アドバイザー派遣]

2017年4月21日|平成28年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 北海道羽幌町(第2回目実施報告)

活動の様子
【実施月日】平成29年2月15日
【アドバイザー氏名】大久保 昌宏氏
【議題・テーマ】天候等に左右されない観光施設の活用促進策について
        ①体験型観光メニューの魅力化、②ターゲッティングとマーケティング、③先進地事例研究

[観光振興・交流/地域力創造アドバイザー派遣]

2017年3月21日|平成28年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 北海道羽幌町(第1回目実施報告)

活動の様子
【実施月日】
 平成29年1月18日
【アドバイザー氏名】
 大久保昌宏氏(特定非営利活動法人離島経済新聞社)
【議題・テーマ】
 ①体験型観光メニューの魅力化の検討
 ②観光施設の有効活用策の検討
 ③企業研修・インターンシップの事業化の検討

[観光振興・交流/地域力創造アドバイザー派遣]

2017年3月2日|平成28年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 北海道羽幌町(第3回目実施報告)

活動の様子
【実施月日】平成29年2月23日~24日
【アドバイザー氏名】大久保 昌宏氏
【議題・テーマ】観光施設の魅力化の検討ほか

[観光振興・交流/地域力創造アドバイザー派遣]

2016年3月28日|とかち鹿追ジオパーク推進事業

活動の様子
 とかち鹿追ジオパークは日本で33番目(北海道では5番目)に日本ジオパークとして認定されている。小学校から高校まで『新地球学』を鹿追町独自の教科としており、子どもたちは鹿追の地形や自然・大地の成り立ちなどについて学ぶことができる。

[観光振興・交流/環境保全]