トップ > 過去の活動事例 > 福井県

福井県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年3月22日|まちぐるみ越前暮らしサポート事業

活動の様子
 移住・二地域居住希望者に、一定期間、越前町での生活を気軽に体験できる場を提供するとともに、地元住民との交流機会を設けることで、移住・二地域居住を促進し、地域の活性化を図る。

[定住促進]

2016年3月22日|河和田くらしの祭典~河和田くらし巡り~

活動の様子
 河和田地区の伝統産業や芸術、食を楽しむまち歩きイベントとしての「河和田くらし巡り」については、漆器職人の工房やショールームを開放するなど、地元住民、協議会のメンバーによる運営において県内外からの観光客に対しおもてなしの心を伝えられた。
 特に今年度は、越前漆器協同組合や地区区長会、さらには地元の若手..

[定住促進/観光振興・交流/コミュニティ/地域おこし協力隊]

2016年3月22日|ふるさと自立活性化推進事業

活動の様子
 本事業で作成した冊子「ふるさとを語ろう」はマスコミにも大きく取り上げられ、他府県の松永出身者から大きな反響があり、地元への誇りと愛着が高まった。
 また、太鼓や神輿の修繕をきっかけに伝統保存活動へ発展した。

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/産業振興/コミュニティ/過疎対策]

2015年3月27日|平成25年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 福井県坂井市(第3回目実施報告)

活動の様子
【実施日】2014年2月4日
【アドバイザー氏名】林田 暢明氏 (Total Asian Organization代表)
【テーマ】住民ワークショップ「未来の三国に対し問を立てる」
【参加者】市企画情報課職員2名、県職員1名、地域住民37名

[まちなか再生/地域力創造アドバイザー派遣]

2015年3月18日|地域おこし協力隊導入事業

活動の様子
地域住民が「やりたかったこと」や「出来なかったこと」など、外部の目線で地域活性の新たな分野の開拓に取り組む人材として地域おこし協力隊を地域に導入。

[地域おこし協力隊/優良地域活性化施策]