トップ > 過去の活動事例 > 千葉県

千葉県

地域力創造にかかわる団体の過去の活動事例を紹介します。

お知らせ

登録内容の一覧へ

2016年5月24日|平成27年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 千葉県いすみ市(第4回実施報告)

活動の様子
実施日:平成28年3月17日
アドバイザー氏名:株式会社 地域活性プランニング 藤崎 慎一 氏
基調講演:~ロケツーリズムによる効果的な情報発信~

[観光振興・交流/産業振興/地域力創造アドバイザー派遣]

2016年3月24日|千葉市まちづくり未来研究所(市民シンクタンクモデル事業)

活動の様子
市民自ら地域の課題を解決するための仕組みの1つとして、まちづくりに関する研究テーマについて知識・関心のある公募による研究員が、自主運営によるグループワーク等を通じ、政策提言をとりまとめ、さらに、その提言の実現に向け、様々な活動に主体的に参加する取組みをモデル事業として実施。

[その他]

2016年3月23日|結婚支援事業

活動の様子
 少子化対策を図るため、結婚を希望する者への婚活イベントの実施など、結婚の成立に向けた様々な支援を行っている。婚活イベントについては、カップル成立数を増やすため、事前講習会の開催やカップル成立後のフォローをするなど工夫をしている。

[少子化対策]

2016年3月23日|千葉県成田市「市川海老蔵プロジェクト事業」

活動の様子
 当施策のポイントは、当代一の歌舞伎俳優とも言われている十一代目市川海老蔵氏を「成田市御案内人」に任命し、市川海老蔵氏の持つ情報発信力を成田観光PRへ活用できる点にある。江戸時代より成田山新勝寺と市川宗家が深く関係していたという歴史的事実があるからこそであり、歌舞伎という伝統芸能と連動しながら当市の..

[地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流]

2016年3月23日|銚子ジオパーク支援事業

活動の様子
 ジオパークは、ジオ(大地・地球)に親しみ、ジオを学ぶ旅(ジオツーリズム)を楽しむ大地の公園であり、ジオに関わる様々な自然遺産の成り立ちとしくみに気付き、生態系や人間生活との関わりを考える場所である。
 現在、国内では31地域が日本ジオパークとして、8地域が世界ジオパークとして認定されている。

[観光振興・交流/環境保全]