地域の活性化のためには、地域資源や恵まれた生活環境を活かして、多くの魅力ある雇用機会を創出することが必要であり、新規事業の立ち上げにあたっては、即戦力となるマネジメント人材の確保が必要です。

また、首都圏等の企業では、Iターン・Uターン希望者の増加、社内マネジメント層の増加等により、地方圏で働くことを希望する勤務経験が豊富な人材が増えていると言われています。

こうした中、総務省では、大都市圏の勤務経験が豊かな人材を地域企業等に派遣し、地域の資源を活かした事業の立ち上げを支援する「起業家誘致・人材サイクル事業」を推進しており、求人情報と求職者情報のマッチングを行うポータルサイトを構築しました。