トップ > 人材紹介 > 東京都 > 渋谷区 > 大社 充(おおこそ みつる)

大社 充(おおこそ みつる)

観光サービス人材育成

肩書 NPO法人グローバルキャンパス 理事長/GCJ総研所長
所在地 東京都渋谷区
分野 地域経営改革/観光振興・交流/その他

略歴

内容
1961年、兵庫県宝塚市生まれ。1985年、京都大学農学部水産学科を卒業。在学時は同大アメリカンフットボール部QBとして初の全国制覇に貢献。年間最優秀選手賞ミルズ杯を受賞。1985年、(財)松下政経塾に入塾。
1987年よりエルダーホステル協会の創設に参画しアクティブシニアを対象に国内外の旅先で学ぶ生涯学習プログラムの企画を担当。同時に町おこしや観光開発の手法として地域資源を活用したプログラムづくりに取り組む。また、松下政経塾「地域政策研究所」所長として月刊誌に地域研究レポートを連載。2000年にNPO法人エルダーホステル協会を設立して専務理事。2004年、組織変更によりエルダー旅倶楽部(現・NPO法人グローバルキャンパス)を設立し現職。2007年12月、「日米スーパーシニア親善野球」実行委員長として日米の元兵士による親善野球試合をハワイで実現。
観光まちづくり人材育成にも取り組み、2008年度「南房総観光カレッジ」(千葉県)、2009年度「高梁川学校」(岡山県)を統括コーディネート。市町村職員中央研修所「観光戦略の実践と地域活性化」、全国市町村国際文化研修所「自治体のイメージ戦略」などで研修カリキュラムの企画&講師を担当。2009年~2011年、「全国地域オペレーター創造ネットワーク」代表世話人として集客交流サービスを担う観光まちづくり事業体(DMC:Destination Management Organization)の全国ネットワークづくりを進め、「DMC事業運営人材育成」(主催:日本観光協会)を全国約70地域で開催。
2009年10月から 国土交通省「成長戦略会議」委員として「観光立国」に向けた成長戦略の策定に取り組む。
2007~2008年 国土交通省「ニューツーリズム創出・流通促進事業」「持続可能な観光まちづくり事業体創出支援調査」、経済産業省「体験交流観光・集客サービスビジネス化研究会」
2009~2011年 観光庁「観光地域づくり人材育成ガイドライン検討会議/観光庁「観光地域づくりプラットフォーム検討会議」委員、内閣府・行政刷新会議・規制制度改革「農林・地域活性化ワーキンググループ」委員など

著書・論文等

内容
1998年 共著・小野元之編 『広がる学び開かれる大学』 ミネルヴァ書房
1999年 共著・村田治編 『生涯学習時代における大学の戦略』 ナカニシヤ出版
2002年 研究調査報告書 『主要四カ国の文化政策と芸術文化支援』 企業メセナ協議会
2005年 吉備国際大学文化財総合研究センター 『文化財情報学研究』
文化資源活用を目指したエルダーホステル事業
2007年 共著・本間正人/大社充 『人生を一瞬で変える旅に出よう』 山と渓谷社
2008年 単著 『体験交流型ツーリズムの手法』 学芸出版
2009年 単著 『奇跡のプレイボール~元兵士たちの日米野球~』 金の星社
(平成22年度、全国青少年読書感想文コンクール中学生部:課題図書)

取組の内容

●目的
 海外にはDMC(Destination Management Organization)と呼ばれ、旅行商品の開発や受託旅行のオペレーション、地域内でのイベントやコンベンションのマネジメント、観光開発の支援や地場産品の開発といった、地域の内と外をつなぐコーディネート機能を有する機関が存在する。我が国においても日本版DMOとも呼べる、こうしたプラットフォーム組織が各地で生まれ、着地型観光振興の核としての役割を果たす取り組みが進められている。地域が主導的な役割を果たしながら集客交流サービスを創出していくためには、地域資源を活用してサービス(商品)をつくり、マーケットを開拓して販売し、実際に訪問者を受け入れてもてなすといった一連の業務を各地域内で推進するオペレーション機能が不可欠である。本研修は、DMO事業経営の基礎となるマネジメント、マーケティング、商品づくりなどを学び、DMOの事業運営を担うことのできる人材を育成することを目的とする。

●対象
 観光まちづくりプラットフォームの形成を担う中核人材

●内容
 ワークブックを活用しての事前研修と集合型の研修から構成される。集合研修が開催される約2週間ほど前に受講生にワークブックを送付するので各自で自己学習を行い、その基礎的な知識をもった上で集合研修に参加することとする。

◇事前研修 集合研修の約2週間前に送付されるワークブックで事前学習を行う。
◇集合研修 以下の日程で2日間の研修を行う。

実績

●参加者数 平成21年度は、宮城県仙台市(19人)/福岡県福岡市(18人)/広島県広島市(17人)/大阪府大阪市(48人)/東京都渋谷区(34人)の5地域で開催。平成22年度は39地域、平成23年度は基礎編、応用編含めて14地域で開催。平成21年~23年度の間に70地域以上で研修を開催。

●アンケート例●
各地の先進的な取り組みを実践されている方が講師となっており刺激になりました。たくさんの立場の意見が聞けて大変勉強になりました。集中力のもてる内容で助かりました。観光まちづくり事業体のマーケティングについてプロダクトアウト型・マーケットイン型をしっかり理解し推進していきたい。具体的な事例も多くたくさんのキーワードを得ました。地域にマーケティングの手法を導入することの大切さを知りました。講師の方のお話がすべてわかりやすく良かったです。1日目に体系的な講義があり、2日目の先進事例指導とワークショップが加わることにより大変効果的でした。多方面の商品開発の事例になりよかった。マーケティング手法を観光にあてはめたところが新鮮でおもしろかった。我々の取り組みを検討する方法として有効であると思った。実践者の話は説得力があった。など。

工夫した点・苦労した点

 参加者の立場や置かれている現状によって視点が異なるところを、事前学習により整理統一できたのはよかったと思います。しかしながら、参加者によって経営に対する意識レベルの差が大きいことに対する注意が必要であると感じました。

ひとことPR

 地域ごとに個別事情があるでしょうから、まずはご相談ください。

関連ホームページ

グローバルキャンパス http://www.elder-tabi.jp/
観光地域づくりプラットフォーム推進機構 http://platform.nihon-kankou.or.jp/index.html

連絡先

メールアドレス
その他 03-6804-9931(事務所電話)