トップ > 人材紹介 > 高知県 > 南国市 > 坂本 世津夫(さかもと せつお)

坂本 世津夫(さかもと せつお)

ICTの活用による地域活性化、地域人材育成

肩書 四国情報通信懇談会 運営委員長
所在地 高知県南国市
分野 地域経営改革/地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/若者自立支援/その他

略歴

内容
1978年 3月立命館大学経営学部卒業
1999年 4月から財団法人高知県産業振興センター アライアンスセンター次長(2000年7月退職)
2000年 9月社団法人日本テレワーク協会客員研究員
2001年 7月国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(センター・フェロー)
2002年 4月愛媛大学地域共同研究センター客員助教授(地域情報学)
2004年 10月高知大学客員教授(学長アドバイザー)
2005年 4月高知大学生涯学習教育研究センター教授
2006年 4月高知大学国際・地域連携センター教授(生涯学習部門長)
2008年 4月高知大学教育研究部人文社会科学系人文社会科学部門教授
2011年 3月高知大学退職
2011年 7月愛媛大学客員教授
2003年 9月「地域産業おこしに燃える人」(内閣官房・経済産業省)に選定される
地域活性化伝道師(内閣官房)、地域経営の達人、四国情報通信懇談会運営委員長、総務省委嘱地域情報化アドバイザー、四国コンテンツ連携推進会議委員、日本テレワーク協会アドバイザー、高知県立坂本龍馬記念館・現代龍馬学会副会長、土佐学協会副理事長、こうちNPO地域社会づくりファンド運営委員長、認定特定非営利法人地域産業おこしの会理事、マイルド差国党党首 等。
2005年 6月1日総務省四国総合通信局「情報通信月間」表彰(個人)
2010年 6月1日2010年度情報通信月間情報通信月間推進協議会会長表彰(個人)

著書・論文等

内容
2007年 12月28日「四国の地域力を考える」~四国西南地域のブランド化~(財)えひめ地域政策研究センター,ECPR 2007 No.2 Volume22
2007年 11月15日「濁酒特区」でブランド化-高知県三原村-初版,新評論、『「村」が地域ブランドになる時代』,関満博、足利亮太郎編、他、 著作(機関誌等)・論文多数

取組の内容

 2002年4月から2005年3月まで、愛媛大学にて「地域情報学」(伊予銀行寄附部門)を担当。2005年4月から2011年3月まで、高知大学国際・地域連携センター教授(生涯学習部門長)。現在は、高知県南国市の自宅を拠点に、日本の情報化を、地域という視点で見直し、地域における「知的能力」と「コミュニケーション能力」を高めることにより、新たな産業集積や地域の活性化(地域の自立)が実現できないか、研究・実践している(ICT利活用促進)。[主な研究テーマ・ 活動] 地域情報化、SOHO・テレワーク、情報化社会、生涯学習・教育(地域教育)、地域産業クラスターの形成、地域再生(地域活性化伝道師、地域情報化アドバイザー、地域産業おこしに燃える人)

実績

 四国圏広域地方計画学識者会議 委員(国土交通省),四国圏地域活性化推進連絡会議 委員(内閣官房)高知県中山間地域産業再生アドバイザー(高知県),「北山村 地域の元気再生事業」の実施に伴う地域ブログの活用等に関する技術的助言(和歌山県北山村),黒潮町地域協議会 アドバイザー,久万高原町地域振興アドバイザー(愛媛県久万高原町),APPLIC情報インフラ委員会・ブロードバンド全国整備促進ワーキンググループ 副主査,APPLICアプリケーション委員会・教育ワーキンググループ,生涯学習フェスティバルの在り方に関する検討委員会(文部科学省生涯学習政策局),北山村 地方の元気再生事業 アドバイザー(和歌山県北山村),過疎集落の安心・安全の暮らし維持構想策定事業 アドバイザー(愛媛県久万高原町国土交通省委託事業),APPLIC ICT利活用・環境整備促進ワーキンググループ アドバイザー,経済産業省「農商工連携等促進人材創出事業」における会議等でのアドバイス(企画・ど久礼もん企業組合),四国地域放送コンテンツ発信協議会 評価委員(四国ツーリズム創造機構 四国総合通信局委託事業),ICT地域活性化懇談会 委員(総務省),,四国ICT推進連絡会 委員(総務省四国総合通信局),上島町情報化推進協議会 アドバイザー(総務省委嘱地域情報化アドバイザー・四国情報通信懇談会運営委員長) 等

工夫した点・苦労した点

 プロジェクトを前進させるのが私の役割であると考えている(プロジェクトマネージメント)。色々な意見を調整し、ベストな形でプロジェクトが進むように努力してきた。また、人材育成や組織、省庁との連携も支援してきた。

ひとことPR

 私の得意とする分野は、ICT(情報通信技術)の利活用と、地域における「コミュニケーション能力」(コンセンサス)の形成であるが、現在まで多数のプロジェクトを展開してきて、殆ど全てのプロジェクトを成功に導くことができた。現在は、総務省のICT政策(利活用促進)に取り組んでいる。その他、田舎ビジネスの人材育成、社会起業家の育成などに取り組んでいる。各省庁の情報など、最新の情報を入手することも可能であると同時に、各省庁、関係機関にネクションすることが可能である。また、日本の中の様々な地域を繋ぐこと(地域連携)も可能である。

関連ホームページ

燃える人ブログ

http://blog.moeruhito.com/

連絡先

メールアドレス setsuo〔アットマーク〕baobab.or.jp
※メールを送る際には〔アットマーク〕を『@』に変えてください。
その他 080-6389-0204