トップ > 現在の活動状況 > 滋賀県 > 近江八幡市 > 観光アプリ「たびなび近江八幡」

更新日:2018323

観光アプリ「たびなび近江八幡」

日付
地域 滋賀県近江八幡市
実施主催 近江八幡市
分野 観光振興・交流/優良地域活性化施策

概要

 新しい情報通信技術を取り入れたスマートフォンアプリを制作した。情報通信技術を活用することにより、利便性と娯楽性の向上を図るとともに、来訪の動機付けとすることにより、誘客の拡大を図った。

内容

【取組に至る背景・目的】

 市内観光関連施設の公衆無線LAN(Free Wi-Fi)の環境を整備することに始まり、情報通信技術を段階的に導入、活用、発展させることにより、誘客の拡大を図る。

      


【取組の具体的内容】

 スマートフォンアプリを制作した。アプリには、従来のスタンプラリーを進化させ、スタンプの代わりにAR(拡張現実)技術を活用し、市や観光物産協会のキャラクターをキャッチする「スマホでぷちトリップ」と、所定の観光施設にて英語の音声ガイダンスを提供する機能を導入した。


【施策の開始前に想定した効果、数値目標など】

 情報通信技術を活用することにより、誘客の拡大を図るとともに、効果的な情報の拡がりと収集を期待した。


【現在までの実績・成果】

 ICT利活用による優れた情報発信として、滋賀県地域情報化推進会議による「滋賀ICT大賞2017」最優秀賞を受賞。
 アプリインストール数   369件(平成29年4月10日~9月30日)
 画面アクセス総数   13,151回(同上)


【導入・実施にあたり工夫した点や苦労した点とその対処法・解決策など】

 廉価でiOSとAndroidに対応できるハイブリッドアプリを採用し、ARやiBeaconなど先端の情報通信技術を活用したこと、事業者との協同により近江八幡ならではの特別感を演出した。


【今後の課題と展開】

 情報通信技術の導入は、現在の観光振興には不可欠であり、技術の進化に応じて、各種の環境を整え、さらなる取組へと発展させる必要がある。


【事業期間】

平成28年度から


【事業予算】

総事業費:5,130千円

財源内訳:地方創生推進交付金(交付率:1/2)



【団体情報】

人 口:82,130人
標準財政規模:17,763百万円
担当部課名:総合政策部文化観光課

出典

リンク(URL)等

https://diiig.net/special/oumihachiman.html

リノベーション情報

問合せ先

滋賀県 近江八幡市 総合政策部文化観光課
住所:〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話:0748-36-5573