YouTube-logo

>動画一覧ページ 総合ランキングは こちら

全国移住ナビ

「全国移住ナビ」不動産データ登録

公共施設再生ナビ

地域経済グローバル循環創造ポータルサイト

生産者(民間企業)向け地域産品データ登録入口

ふるさとづくり推進ポータルサイト

企業家誘致・人材サイクルポータルサイト

地域おこし協力隊へ 総務省サイトトップへ

自治体向けリンク


トピックス

平成28年度地域資源・事業化支援アドバイザー事業 高槻市)
平成28年11月16日(水曜日)
アドバイザー氏名 高橋一夫氏(近畿大学 経営学部 教授)
課題・テーマ
「体験交流型観光オープンたかつき」に関するアドバイス(2回目)
協働のまちづくり
人口減少、少子高齢化が進む中、持続可能な社会を構築するため、市民が主役という理念に基づき、身近な問題の解消や地域の新しい魅力の創造など地域の主体的な活動に、地域社会を構成する多様な主体が協働で取り組むことを促進するための施策である。
つかさのまち夢プロジェクト第1期整備事業
知の拠点「市立中央図書館」、絆の拠点「市民活動交流センター」、文化の拠点「展示ギャラリー等」からなる複合施設で、知識に溢れ、人と人との交流を生み出し、より良い地域社会を創出している。
あびき湿原保全活用事業
あびき湿原は、平成25年8月までは非公表・手付かずであったが、地域と行政がゆるやかに協働して保全と活用を進め、僅か2年で生物多様性保全上の重要な湿原として市外県外から注目を集めるに至り、専門家や行政だけでなく、地域にとって重要な地域資源の一つとして位置付けられている。
「まちシゴト」プロジェクト(コミュニティビジネス等の育成)
岡崎市は、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネスを地域雇用や市民所得の維持向上を担う新産業として位置付け、地域課題の解決につながるビジネスに挑戦する地域住民や企業、団体等を支援しています。
※平成23、24年度愛知県「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」採択